洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >グループ要素の解説


グループ要素の解説

グループの定義方法

グループ要素は要素リスト上の要素をまとめて見やすくしたり、要素の色と印刷番号を1つにまとめる機能を持ちます。
グループ化したい要素の一番上にコメント要素を配置しておき、一番下にグループを配置して、この間を一つのグループにします。
グループ化されると、構成する要素は畳み込まれてリスト上からなくなります。また、色と印刷番号がグループ要素と同一となります。
グループ構造は入れ子にできません。グループ内にファイル参照要素を入れることもできません。
展開に「はい」にするとリスト上の構成要素が見えなくなり、「いいえ」を入力すると表示されます。
同様に、
非表示に「いいえ」を入力すると画面上の線類と展要素が表示され、「はい」を入力すると非表示なります。
抑制に「いいえ」を入力すると通常、「はい」を入力するとグループ内全て抑制扱いになります。
グループに継承値はありません。
グループ基準点を指定すると、型紙配置図や裁ち合せ図に配置するとき、グループ内の要素の基点がグループ基準点になります。

広告

定義値一覧

 定義値  単位 
 開始要素  要素(コメント) 
 グループ基準点  要素(点) 
 展開  判定値 
 非表示  判定値 
 抑制  判定値 

下の図はグループの定義値を示しています。
グループの定義図

特性値一覧

 特性値  単位 
 色   
 印刷番号   

グループ内の色と印刷番号は、グループ要素で指定したものと同一になります。

グループの定義例

下の動画はグループの使用例です。

グループ要素を抑制したり順序変更したりする方法

グループ要素を抑制、順序変更、複製、削除、表示/非表示したい時、要素リストのグループ要素を左クリックしてもポップアップメニューに 表示されない場合があります。
グループ要素のポップアップメニュー

この場合は、グループ要素を再定義して「展開」を「はい」に設定してください。
グループ要素の再設定

展開を「はい」にすると中に取り込んでいた要素がリストに表示されます。この状態で要素リストのグループ要素を左クリックすれば、通常のポップアップメニューが表示されます。
グループのポップアップメニュー

最終更新日: 2015-12-12 13:16:59

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >グループ要素の解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
いいねなど

 RSS 
MyYahoo!に追加

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます