洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >型紙配置図設定フレーム

型紙配置図設定フレームの設定方法

型紙配置図設定フレームの説明です。
このフレームでは、型紙を印刷するための、型紙配置図の設定を行います。
CADのメニュー 印刷→型紙図設定 を選んでフレームを開きます。

型紙配置図はリリース3までは1枚でしたが、リリース4からは4枚まで設定できるようになりました。
紙を敷き詰めて、その上に型紙を重ならないように並べてゆきましょう。
紙の数はなるべく少なく、型紙の貼りあわせはなるべく少なくなるように配置します。
敷き詰めた紙の左上が1ページ。その下が2ページ...一番右下の紙が最後のページになります。
型紙配置図設定フレーム

型紙配置図設定フレーム

編集ページの設定

設定するページを選びます。
1から順に設定してください。4枚まで設定できます。

紙は配置と印刷サイズの設定

用紙はA5〜A0の各サイズ縦横を選びます。
洋裁CADは縮小印刷の機能はありません。ドール服や1/2ボディ用に縮小したい場合は、大きなサイズに設定してPDFファイル化したのち、縮小印刷します。

説明文/裁ち合せ図/型紙縮小配置図の配置

説明文は「説明文の設定フレーム」で設定した文章です。
型紙縮小図は、この型紙配置図自身を縮小したもの。
裁ち合せ図1〜4は「裁ち合せ図設定フレーム」で設定したものです。
いずれも表示する場合は「はい」を選んで配置する位置x、yとスケールを入力します。
x、y、スケールはキー入力の他、変更したいテキストボックスの上にマウスを置いてホイールを動かすことで微調整できます。

型紙配置設定

印刷番号、x、y、角度、左右反転の順で設定し、型紙を紙の上に配置してゆきます。
型紙は印刷番号で識別されます。あらかじめグループごとに異なる印刷番号を設定しておきましょう。
x、y、角度の値は、キー入力の他、変更したいテキストボックスの上にマウスを置いてホイールを動かすことで微調整できます。
型紙が紙からはみ出してしまったら、紙のサイズや並べる紙の数を調整して、すべてを中に入れます。
印刷すると、この配置で型紙が印刷されます。印刷されるのは、紙配列の中だけです。

設定の保存

設定が終わったら、「定義」 ボタン を押してフレームを閉じます。
設定はメモリー上に入りますが、ファイルにはまだ入っていないので、最後にファイルの上書き保存をしておきましょう。

最終更新日: 2015-08-23 08:26:41

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >型紙配置図設定フレーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイトマップ

洋裁CAD
CADのダウンロード
CADのアップデート
型紙のダウンロード
ヘルプ
練習
製作日記

型紙リーダー
ダウンロード
使いかた
使用上の注意
可変型紙ダウンロード

新着ページ

3Dデータのインポート  
2次元から3次元へデータの移動  
洋裁CADの3D化作業  
ダウンロード  
リリース10での追加修正項目  
差し替え要素の解説  
リリース9での追加修正項目  
型紙リーダーのダウンロード  
型紙リーダー  
可変型紙ファイルのダウンロード  
可変型紙ファイルの作りかた  

私の他のサイト

ホームページ
ともさんの箱庭(ブログ)
3D-CAD

いいねなど

 RSS 
MyYahoo!に追加

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます