洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >DXF形式保存


DXF形式保存

洋裁CADデータをDXF形式で保存する方法です。

準備と手順

DXF形式で出力できるのは、裁ち合わせ図か型紙配置図です。あらかじめどちらかを設定しておきます。
メニューの「ファイル」→「DXF形式保存」を選び、DXF形式ファイル保存フレームを開きます。
メニュー

@▼を押してリストを表示させ、保存する裁ち合わせ図/型紙配置図を選択します。
何も表示されない場合は裁ち合わせ図/型紙配置図が設定されていないので、設定してください。
Aの中にはすでに作成済みのDXF形式ファイルのリストが表示されます。すでにあるファイルに上書きする場合は、リストを選びます。
Bは保存するファイル名です。デフォルトでktdファイルと同じ名前になっています。変更する場合はキー入力で書き換えます。
C設定が終わったら、保存 ボタン を押し、DXFファイルを生成します。
DXF保存設定

対応するCAD

DXFフォーマットは事実上CADの共通形式として使用されており、ほとんどのCADでDXFフォーマットファイルの読込がサポートされています。
ただし、DXFフォーマット自体にも多数のバージョンがあり、うまく読み込めないケースも多々あるようです。
洋裁CADではJW-CADを用いて読み込みをチェック、正常に読めることを確認しています。
JW-CAD以外のソフトを用いてDXFファイルが読めない場合、フォローできませんのでご了承ください(特に有償ソフトの場合は検証が出来ないのでサポート出来ません)。

注意点

DXF形式で保存したデータはktd形式と異なり、あとから修正することはできません。
DXF形式で保存してもktd形式では保存されないので、必要であれば別途保存してください。
保存されるホルダーは、ktdファイルの置かれているホルダーと同一です。移動したい場合は、いったん保存してからWindowsエクスプローラー等を用いて移動してください。

最終更新日: 2016-04-23 12:30:35

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >DXF形式保存

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
いいねなど

 RSS 
MyYahoo!に追加

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます