洋裁CAD >洋裁CAD製作日記 >定義中の要素を表示できるようにした

定義中の要素を表示できるようにした

前回印刷した型紙を使ってケープを作りました。
ケープ

CAD作るよりミシンの腕前を上げた方がよさそうな感じですね。
CADつくりばかりしていて、洋裁の方は何か月ぶりだったのですが、楽しかったです。

先週末は帰省する週なので、データをUSBメモリに入れて帰り、実家で作業してきました。
フォルダ関係を整理しました。
このCADはほかの型紙を参照して読み込めるのですが、参照するファイルを削除してしまったり、移動して読み込めなくなると、 データが壊れてしまいます。そこで、型紙ファイルも参照ファイルも同一のフォルダに入れて管理することにしました。

定義中の要素をプレビューできるようにしました。
今までは定義の終了 ボタン を押すまではどんな線を引いているのか判らなかったのですが、これで実用的になりました。
下の動画はケープの前身頃の形状を再定義しているもの。以前は再定義中に緑の線は表示されなかったのです。

今週の作業はこれくらい。この後は描画機能の再点検をします。
点検と平行してヘルプページも作成してゆくつもり。
CADつくり、そろそろ仕上げ段階に入ります。

最終更新日: 2014-11-18 19:23:16

洋裁CAD >洋裁CAD製作日記 >定義中の要素を表示できるようにした

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイトマップ

洋裁CAD
CADのダウンロード
CADのアップデート
型紙のダウンロード
ヘルプ
練習
製作日記

型紙リーダー
ダウンロード
使いかた
使用上の注意
可変型紙ダウンロード

新着ページ

型紙リーダーのダウンロード  
ダウンロード  
リリース11での追加修正項目  
洋裁CADのしくみ  
印刷部分の差し替え作業  
3Dデータのインポート  
2次元から3次元へデータの移動  
洋裁CADの3D化作業  
リリース10での追加修正項目  
差し替え要素の解説  
リリース9での追加修正項目  

私の他のサイト

ホームページ
ともさんの箱庭(ブログ)
3D-CAD

いいねなど

 RSS 
MyYahoo!に追加

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます