洋裁CAD >洋裁CAD製作日記 >印刷部分の差し替え作業

印刷部分の差し替え作業

近々次リリースを出す予定で作業中。
Javaの仕様で、印刷時のDPI(粗さ)が72DIP固定で、特に縮小図がギザギザになってしまっていたのですが、これを改善します。
今まではJavaSwingというUI記述ライブラリを使っていましたが、印刷部分だけJavaFxというライブラリに差し替えます。
Swingは72DPI固定なのですが、Fxは細かく出来ます。
SwingとFxの接続がややこしいのと、Fxの情報が少ないので苦戦中。 Fxは私が洋裁CADを作り始めたときにはすでにあったのですが、こんな印刷の問題が出てくるとは思わなかったので、Swingで作ってしまいました。
あらかじめ知っていたら、Fxで0から作ったのですが...
今後はSwingで記述している部分もすべてFxにしてしまおうと考えています。
また、Fxは3D表示にも強いので、3D化もFxで記述しています。
現状、洋裁CADの印刷部分はほぼ完成。このあと型紙リーダーの印刷部分を載せ替えたら2つ合わせてリリースします。
改善前後

上の写真は印刷の改善前後です。ギザギザが消えてスムーズになります。

最終更新日: 2017-09-19 18:37:24

洋裁CAD >洋裁CAD製作日記 >印刷部分の差し替え作業

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイトマップ

洋裁CAD
CADのダウンロード
CADのアップデート
型紙のダウンロード
ヘルプ
練習
製作日記

型紙リーダー
ダウンロード
使いかた
使用上の注意
可変型紙ダウンロード

新着ページ

型紙リーダーのダウンロード  
ダウンロード  
リリース11での追加修正項目  
洋裁CADのしくみ  
3Dデータのインポート  
2次元から3次元へデータの移動  
洋裁CADの3D化作業  
リリース10での追加修正項目  
差し替え要素の解説  
リリース9での追加修正項目  
型紙リーダー  

私の他のサイト

ホームページ
ともさんの箱庭(ブログ)
3D-CAD

いいねなど

 RSS 
MyYahoo!に追加

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます