洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >CREACOMPOUのTIIP(DXF)出力

CREACOMPOUのデータをTIIP(DXF)出力する

アパレルCAD「クレアコンポU」で製図したパターンを共通ファイル形式であるTIIP(DXF形式の拡張)形式で保存する手順を解説しています。
DXFファイルに保存すると、洋裁CADでは参照ファイルとしてパターンを読み込むことが出来ます。
他の多くのCADでも読み込むことが出来ますが、DXF形式には方言が多いため、一部の線が消えたり、曲線が短い直線の集まりになったりすることがあります。

製図

出力するためのパターンを描画する。
パターン製図






断面をパーツ化する



Pキーを押してパーツ化メニューを出す。
パーツ化メニュ



方法を手動に設定
クレアコンポU



パーツ化するすべての線をシフトキーを押しながらマウスで選択する
マウスで選択



全て選んだら実行キーを押す。
実行



もう一度実行キーを押す(仕上げ線は選択しません)。
裁断線を順に選ぶ。
※裁断線として指定された線は、DXF化すると1本の線になります。
裁断線



実行キーを押す。
パーツ化完成。
完成






DXFファイルに出力する

メニューの「ファイル」「ファイル保存」「DXFファイル保存」を選択する。
保存



保存するディレクトリーを選んで、所定のファイル名を入力し、保存ボタンを押す。
保存実行



パーツ、サイズ一覧表が表示されるので、作っておいたパーツにチェックを入れて実行ボタンを押す。
実行2



DXF保存メッセージが表示され、保存が終了する。
クレアコンポUDXFファイル



最終更新日: 2020-01-20 09:16:40

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >CREACOMPOUのTIIP(DXF)出力

広告
いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます