洋裁CAD >型紙販売 >地球儀キャスケット

地球儀キャスケット

地球儀キャスケットパターン

世界地図のキャスケットです。ブリムは月になっています。
布に直接プリントするパターンデータです。
世界地図を変形させてプリントしています。縫い合わせると地図が繋がるようになっています。
地球儀キャスケット完成品

変形させているので、地図自体は歪んでいますが、遠目に見ると目立ちません。

プリントのしかた

ダウンロードしたパターンを、リアルファブリックさんの布、綿100% 20番手 オックスフォード (シングル巾:110cm)でプリントします。
テキスタイルプリント

「綿100% 20番手 オックスフォード」は水通し後、縦糸方向に5〜3%、横糸方向に0〜1%ほど縮みます。
画像データはこの布に合わせて縦4%、横1%伸ばしてあります。
他の布では収縮率が変わるのでご注意ください。
注文時は下の図のように配置してください。90度回転させると縮み方向がずれます。

布がプリントされてきたら水通しをしてアイロンをかけ、生地の端に描かれている100mm四方の四角形の寸法を確認します。
最大数ミリの差が出るので、この差を考慮して縫い代を調整してください。
頭周りが小さく仕上がってしまうと最悪かぶれないので注意が必要です。
8枚の布長さが1o違っていると、頭周りは8mm変わります。

許諾範囲

下記〇の付いている目的でつかえます。
作ったものを個人で使う 〇
作ったものを配布する(趣味の範囲で) 〇
作ったものを販売する(趣味の範囲で) 〇
ダウンロードしたデータを再配布する、転売する(PDFなどにフォーマット変更したものも含む) ×
改造したデータを再配布する、転売する(PDFなどにフォーマット変更したものも含む) ×

注意する点

別途、布のプリント代が発生します。
ダウンロードしたデータを加工する場合は、拡大、縮小しないでください。変えると仕上がりの大きさも変わります。

ダウンロード

こちらで販売しています。
頭サイズ540、560、580の3サイズのテキスタイルパターンと、PDFファイルが入っています。

作りかた

プリントされた布が届いたら水通しをしてアイロンをかけ、生地の端に描かれている100mm四方の四角形の寸法を確認します。
四角形

接着芯を貼ります。
接着芯貼り付け

裁断します。縫い代は図柄に含まれているので、柄の境界で切ります。
裁断 裁断後

ブリム用の接着芯をブリムの型紙に合わせて切り、貼り付けます。ブリムの型紙はPDFファイルに入っています。
ブリム接着芯 ブリム接着芯貼り付け

ブリム布の表を合わせておき、外回りをミシンがけします。ひっくり返して端ミシンをかけます。
ブリム ブリム完成

クラウンを縫い合わせ、アイロンをかけます。柄をよく確認し、間違えないように気を付けましょう。
縫い代は1cmです。
クラウンを縫い合わせ クラウンを縫い合わせ クラウンを縫い合わせ

1枚を縫い合わせて2枚つづきにし、2枚つづきを縫い合わせて4枚、4枚を合わせて8枚を縫い合わせます。
クラウンを縫い合わせ クラウンを縫い合わせ


クラウンをひっくり返して表を出し、ブリムを仮縫いで取り付けます。キャスケットの前中心は、世界地図の日付変更線になります。
ブリム取り付け1 ブリム取り付け2


端1pの位置に印をつけ、印に合わせて伸び止めテープを縫い付けます。
印付け 伸び止めテープ


伸び止めテープを内側に折り返し、端に1周ミシンをかけて完成です。
地球儀キャスケット完成品


最終更新日:2019-1-28

洋裁CAD >型紙販売

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイトマップ

洋裁CAD
型紙販売

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます