洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >配列イメージ要素

配列イメージ要素の解説

このページでは、洋裁CADで使う、配列イメージ要素について解説しています。

広告

配列イメージ要素について

配列イメージ要素は、指定した曲線に沿ってイメージを並べたものを新たなイメージとして出力します。
出力したイメージは布印刷の型紙イメージ配置設定時に配置して、テキスタイルプリントの部品の一部として利用します。
この要素は布印刷を行う時のみ使用します(通常の型紙作成には使用しません)。
配列イメージ要素


事前準備

並べるイメージを用意する。
画像ファイルを用意して、「\洋裁\テキスタイル」ホルダーに保存しておきます。余白部分は透明にしておくとよいでしょう。

配列する曲線を描く。
図形を並べるための曲線を描いておきます。線は1本だけ。複数ので構成する場合は、オフセット要素の、オフセット幅0で作った線を使います。

点の準備
出来上がったイメージの基準になる点を準備しておきます。基準点は、貼り付ける身頃の基準点と同一にすると、後の作業が楽になります。
配列イメージ要素



定義方法

他の要素の定義と異なり、「計算実行」ボタンが定義フレームの一番下についています。 これをクリックし、しばらく待つと、使用中のホルダ内に配列イメージファイルが作成されます。
他の要素と異なり、曲線などの形状が変わっても、イメージは自動的に変更されません。形状が変わったら、その都度計算実行を行う必要があります。
下の動画は、配列イメージの定義をしています。
各パラメーターを調整して配置を決めます。基準点は、貼り付ける身頃の基準点と同一にすると、後の作業が楽になります。


最終更新日: 2020-06-17 16:25:56

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >配列イメージ要素

広告
いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます