洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >方向反転要素の解説


方向反転要素の解説

このページでは、フリーソフト「洋裁CAD」の方向反転要素の説明をしています。
線の方向を反転します。

広告

方向反転要素の定義方法

すでに描画してある線の方向を反転します。
洋裁CADでは、すべての線に方向があります。
方向が異なると、オフセット線の描く側が反対になったり、始点や終点も逆になります。
通常の製図では線の方向に従って描画するため、問題になりませんが、リリース8にて追加した機能の部品ファイル挿入を行う場合に問題となる場合があります。
この線の方向性に起因する問題発生を避けるために、方向反転要素を追加しました。通常の仕様ではこの要素を使う必要はありません。
方向反転要素

定義値一覧

 定義値  単位 
 線類  要素 

特性値

ありません

継承値
ありません

最終更新日: 2016-08-24 15:39:10

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >方向反転要素の解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます