洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >記号要素の解説


記号要素の解説

このページでは、洋裁CADで使用する記号要素について解説しています。

記号要素とは

洋裁型紙に入れるさまざまな記号です。記号を入れることで、型紙の意図や布の処理方法を示すことができます。
記号要素には合印、わ印、タック1、 タック2、ギャザー、矢印、いせる、のばす、ボタン、ボタンホールといった種類があります。

広告

記号の表示と印刷

洋裁CADでは裁ち合わせ図と型紙配置図がありますが、裁ち合わせ図には記号要素は表示されません。
また、型紙配置図の縮小表示にも表示されません。
ただし、矢印要素だけは表示されます。

最終更新日: 2015-11-29 16:06:23

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >記号要素の解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます