洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >複合線の解説


複合線の解説

このページでは、洋裁CADで使う複合線について解説しています。

広告


複合線要素について

よく使う特定の曲線を複合線要素としてまとめています。
具体的には袖山線を納めています。形状の違いにより、袖山線Aと袖山線Bがあります。

複合線の種類

2つの種類があります。前身頃側に接続する袖山の形状がA、後ろ身頃側がBになります
洋裁CAD袖山線

袖山線A
 前身頃用の袖山
袖山線B
 後ろ身頃用の袖山

袖山線A

7つの定義値を指定して袖山線をひきます。各定義値の役割は下の図の通り。
洋裁CAD袖山線A

長さは対応する身頃の袖ぐり長さを入れます。直接数値を入れず、袖ぐり線要素の長さを入れるようにしてください。
袖山高さは、後ろ身頃側と同一にする必要があるので、数値要素で定義しておくか、ページ下の例で示すように、身頃から計算しておくと良いでしょう。
下の動画は袖山線Aを定義しています。

袖山の長さを袖ぐりの長さよりも長くしたい場合は、数値要素を設けて調整します。
下の動画を参照ください。


袖山線B

4つの定義値を指定して袖山線をひきます。各定義値の役割は下の図の通り。
洋裁CAD袖山線B

後身頃に対応する袖山に使います。

下の動画は、袖山線Bを定義しています。


袖山高さを袖ぐりに連動させる定義方法

上の例では袖山高さに数値を入力していましたが、この方法だと袖ぐりの変化に追従しません。追従させるための定義例を述べます。
計算方法
まず、下の図に示す寸法A,Bを求めます。
洋裁CADを用いた袖山の計算方法

袖山高さの計算方法、
袖山高さ = ( A + B ) / 2 / 6 × 5
を数値要素を用いて計算します。
下の動画は、袖山高さの定義をしています。

最終更新日: 2018-08-15 10:47:27

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >複合線の解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます