洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >裁ち合せ図設定フレーム


裁ち合せ図設定フレームの設定方法

裁ち合せ図設定フレームの説明です。
このフレームでは、型紙配置図に置く裁ち合せ図の設定を行います。
CADのメニュー 印刷→裁ち合せ図設定 を選んでフレームを開きます。
裁ち合せ図はリリース3までは1枚でしたが、リリース4からは4枚まで設定できるようになりました。

広告

裁ち合せ図設定フレーム

編集ページの設定

裁ち合せ図設定するページを選びます。
1から順に設定してください。4枚まで設定できます。

布サイズの設定

使用する布の幅と長さを入力します。

型紙の配置

印刷番号、x、y、角度、左右反転の順で設定し、型紙を布の上に配置してゆきます。
型紙は印刷番号で識別されます。あらかじめグループごとに異なる印刷番号を設定しておきましょう。
x、y、角度の値は、キー入力の他、変更したいテキストボックスの上にマウスを置いてホイールを動かすことで微調整できます。

設定の保存

設定が終わったら、「定義」ボタンを押してフレームを閉じます。
設定はメモリー上に入りますが、ファイルにはまだ入っていないので、最後にファイルの上書き保存をしておきましょう。

最終更新日: 2015-08-23 07:42:03

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >裁ち合せ図設定フレーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます