洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >型紙リーダーの使いかた


型紙リーダーの使いかた

型紙リーダーは洋裁用の型紙を印刷するためのアプリケーションソフトです。
可変型紙ファイル(拡張子.ktk)を読み込み、自分のサイズにグレーディングしたりデザインを変更してから印刷できるのが特徴です。

広告

使いかた

型紙リーダーを起動すると下記のフレームが表示されます。
左上の6個のボタンが並んでいますが、これを左から順に押してゆくことで作業を進めてゆきます。
(手順上使えないボタンは押せないようになっています)
型紙リーダー起動画面

1:読込
 可変型紙ファイルを読み込みます
2:変更
 読み込んだ可変型紙ファイルのサイズやデザインを変更します。
3:移動
 型紙の印刷位置がずれていたら、移動して印刷範囲に入れます。また、印刷する紙のサイズの変更もできます。
4:保存
 手順2と3で変更した内容を保存して、次回読み込み時に呼び出せるようにします。
5:印刷
 自分用にアレンジした型紙を印刷します。

手順1:読込

「読込」ボタンを押すとファイル選択フレーム(下の図)が開きますので、可変型紙ファイル(.ktk)を選択します。
可変型紙ファイルはあらかじめ入手して、PCの中に保存しておいてください。
読み込みたいファイルがリストにない場合は、ファイルの置いてあるホルダーに変更します。
ファイル選択フレーム

選択したら「開く」ボタンを押します。

○使用期限が表示される場合
使用期限

読み込み時に上のメッセージが表示される場合、可変型紙ファイルに使用期限が設定されています。期限を過ぎたファイルは使用できません。

○パスワードの入力が求められる場合
パスワード

上の表示が出る場合は、パスワードが設定されています。正しいパスワードを入力してください。
パスワードはファイルの配布先に教えてもらいます。

○以前の変更を読み込みますか?と聞かれる場合
以前の変更

このファイルを以前使用したことがあり、変更履歴が残っています。
「はい」を選択すると、前回の変更を反映した型紙に修正されます。「いいえ」を選択すると、オリジナルの形状の型紙が読み込まれます。

手順2:変更

ファイルの読み込むと、下のように型紙が表示されます。
型紙リーダー


○表示の説明
右側に表示されている図が型紙です。青い枠線は、紙の印刷範囲を示しています。
上の画では、型紙全体が4×3枚の紙に分割されて印刷されるようになっています。
左側の数値は、型紙のパラメーターです。これを変更することで型紙の形状を調整します。

○型紙の位置調整、拡大縮小のしかた
型紙の移動:マウスボタン右を押しながらマウスを移動
拡大縮小:マウスホイールを回す

○型紙を変更する
左側の数値の入ったテキストボックスの上にマウスカーソルを載せると、カーソルの形状が上下方向の矢印に変わります。
この状態でマウスホイールを回すと数値が変わり、変わった数値に沿って型紙の形も変わります。
キー入力することもできます。
あらかじめ自分のサイズを測っておき、自分に合った寸法に変更してみましょう。
数値変更


自分用に調整を終えたら、変更ボタンを押し、次のステップに進みます。

手順3:移動

フレーム表示の左側が下のように変更になります。
移動

前のステップで型紙の位置や大きさが微妙に変わったために、型紙が印刷範囲から外れていたり、隣の紙にはみ出してしまったりしています。
ここでは、印刷する紙のサイズと枚数を選択し、各型紙の位置を微調整します。
○用紙の変更
左上の用紙サイズを選び、並べる紙の数を変更します。

○型紙位置の変更
各型紙のX,Y座標および、角度を変えて、紙の中にうまく収まるように調整します。
型紙はなるべく少ない用紙に収まるようにすると、後で貼り合わせの手間が減ります。


手順4:保存

変更を保存しておきます。「保存」ボタンを押すだけです。

手順5:印刷

「印刷」ボタンを押すと印刷設定に入ります。必ず等倍で印刷してください。
紙の数が多いため、失敗すると紙がたくさん無駄になります。 PrimoPDF のようなフリーソフトを用いて、いったんPDFファイル化し、確認後に印刷することをお勧めします。

最終更新日: 2016-10-08 15:09:02

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >型紙リーダーの使いかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます