洋裁CAD >型紙の研究 >原型型紙製図で必要な寸法


原型型紙製図で採寸する位置

洋裁型紙を作る際に使う原型は、製図方法によって大きく文化式とドレメ式に分かれます。
この二つには新旧の製図方法があります。また、文化式には成人男子の原型、子供原型もあり、合計すると 2つの図法だけで6種類あります。
これらが体のどの部分を採寸して作図するかを調べてみました。
結果が下の表。文化式は伝統的に少ないですね。ドレメ式はとても多いことが判ります。

新原型旧原型
文化女文化男ドレメ文化女ドレメ文化子供
バスト820950
ウエスト620820
背丈380500
首回り365420
背肩幅380440
背幅350432
胸幅330374
乳頭間160240
肩幅125170
乳下がり170170
袖丈530560
手のひら回り200270
ヒップ9001020
腰丈200170
股上260250
股下650710

最終更新日: 2015-01-18 18:35:41

洋裁CAD >型紙の研究 >原型型紙製図で必要な寸法

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます