洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >練習1


練習1 点と線の作図

洋裁CADの使い方を学ぶページです。まずは点と線を書いてみて、基本的な使い方を覚えます。

起動のしかた

インストールしたホルダの下、洋裁\libホルダにあるP2dCad.jarをダブルクリックして起動します。
デスクトップにショートカットを貼りつけておくと次回から簡単に起動できます。

広告


ファイルの新規作成

メニュー「ファイル→新規作成」を選択すると、新規ファイル作成フレームが開きます。
ファイルを開く


ファイルを開く

testホルダを選びます。
ファイルを開く

ファイル名の欄に「test」と入力して新規作成ボタンを押してください。
ファイルを開く

これで新しい型紙ファイルが作成されます。
ファイルを開く

型紙が作成されると、左側に「0:未定義」と、上にファイル名が表示されます。
下の動画はファイルの新規作成をしています。


ウインドウの説明

ここでウインドウの各部を説明します。
一番上には洋裁CADの名前とリリース番号、バージョン番号が書かれています。右上の「_□×」は普通のソフトと同じで、最小化、最大化、終了です。
二段目にはメニューが並んでいます。「ファイル」はファイル関連のメニュー、「設定」は各型紙に依存しない設定のメニュー、「調査」は要素間の関係や、デザイン変更のメニュー、「印刷」は印刷関連の設定メニューです。「ヘルプ」メニューはWEB上のヘルプページにリンクしています。
三段目は表示関連の設定ボタンです。
四段目は要素作成ショートカットが並んでいます。
左側の部分は「要素リスト」です。洋裁CADは要素を1つづつ定義してゆくことで製図をします。この要素が処理順に並びます。
下の図では「0:未定義」が一つだけあります。この要素の名前は「0」定義方法は「未定義」です。
右の白い領域は「描画パネル」です。ここに線や点が描かれます。下の図ではまだ何も描かれていません。
ウインドウを大きくしたい場合は、ウインドウの右下をマウスでつまんで引っ張るか、右上の□を押して最大化します。
ウインドウの説明


要素の定義

では作図してみましょう。まずは点を打ちます。
左上の未定義要素を右クリックして、定義を選択します。
洋裁CAD点の作成

要素定義フレームが表示されます。これに必要なデータを入力して要素を定義します。
下の要領で、
種類 → 点
定義方法 → 座標点
x → 0
y → 0
と定義します。
設定の意味は、「座標0,0に点をうつ」、です。
洋裁CAD座標点の定義

定義ボタンを押せば、要素0の定義が終了です。 描画パネルに点が現れ、要素リストの要素0が座標点と変わり、新たに「1:未定義」という要素が追加されました。
洋裁CADでは未定義要素を定義することの繰り返しで製図をしてゆきます。
洋裁CAD座標点

下の動画は、座標点の定義をしています。ショートカットで点を作成する方法もあります。
数値の変更は、キー入力以外に、マウスホイールを動かすことでも行えます。


線をひいてみましょう。要素1をクリックして下の図のように設定します。
始点の欄は、キー入力ではなく、カーソルを始点のテキストに入れた状態にして、マウスを描画パネル上の点の上でクリックして入力します。
文章では説明しにくいので、下の動画をご覧ください。
設定の意味は、「要素名0の点を始点として角度30度、長さ100mmの線をひく」、です。

直線もショートカットがあります。

要素定義フレームにはヘルプボタンがついています。押すと該当する定義方法の説明ページが開きます。困ったら押してみましょう。
要素定義のヘルプ

広告

マウスの使い方

描画パネル内描かれた型紙を拡大縮小したり、平行移動して表示することが出来ます。
マウスのホイールを使います。
平行移動 → ホイールを押しながらマウスを移動、放す。
       又は右ボタンを押しながらマウスを移動、放す。
拡大縮小 → ホイールを回す。
です。ホイールのないマウスでは操作ができませんのでご注意ください。
これも詳しくは動画をご覧ください。


要素の再定義、デザイン変更

要素0の点を再定義してみましょう。
要素リスト上の要素「0:座標点」をクリックするか、描画パネル上の点をクリックして再定義します。
要素をクリックして定義を選択し、要素定義フレームを表示させ、xを0→100に書き換えます。
テキストフィールドにマウスをのせてホイールを動かすことでも変更できます。
すると...点が移動しましたね。しかも要素1の線もつられて移動しています。これが洋裁CADの大きな特徴です。

数値を変えるだけであれば、デザイン変更の方が便利です。変更によって子要素(直線)がどんな影響を受けるか、確認しながら修正できます。


洋裁CADの世界観

洋裁CADは沢山の要素を関連付けて製図をします。要素を絵にかくと、こんな感じのものになります。
要素

上と下に腕のようなものが伸びています。上の腕を定義値といいます。下の腕は継承値です。
要素には必ず親の要素がいます。親から定義値を受け取ることで、要素は生まれることができます。
生まれた子は親からの継承値を受け継ぎます。つまり子は親の影響を受けるのです。
先ほどの再定義では、線1は点0の子です。親が移動したので、子も影響をうけて移動したのです。
先ほど描いた点0と線1を絵にするとこんな感じになります。
要素

全ての親要素として型紙があり、それに2つの要素がつながっています。
2つの要素では単純ですが、型紙を書くと要素は樹状につながってゆくことになります。

なぜこんなめんどくさいことをするのでしょうか?
それは、「パソコンに書き直しをさせる」ためです。普通のCADでは「線をひく」ことが製図ですが、 洋裁CADでは「線をひく手順を記述する」ことが製図になります。
たとえばフリーのJW-CADで原型を製図したとします。
書いてみたけど、着てみたら寸法が合わない。バストをちょっとだけ変更したい、というとき、JW-CADでは1から人間が書き直しです。
洋裁CADではごく簡単です。バストの数値を変更するだけです。描く手順はすでに記述してあるので、あとはパソコンが書き直してくれます。
洋裁CADは変更が簡単なCADなのです。

ファイルの保存

これで「練習1 点と線の作図」の作業は終了です。
ファイル → 上書き保存 を選択してファイルを保存してください。


ファイルの入出力

今回はファイルの新規作成を行いました。
既存のファイルを読み込む場合は、ファイル→開く、でフォルダを選択してからファイルを選びます。
作業中のファイルを別ファイル名で保存する場合は、ファイル→別名保存、で保存できます。別名で保存しても作業中のデータは 古いファイル名のままです。別名保存したデータを修正する場合は、別名ファイルを読み込んでから作業します。
洋裁CADは作業の節目でデータのバックアップをしています。
少し前に戻りたいときは、ファイル → バックアップファイル読み込み で戻ることが出来ます。


次は原型を読み込んで自分サイズに変更する練習をしてみましょう。
練習2

最終更新日: 2018-11-22 10:51:44

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >練習1

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます