洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >練習4


練習4 型紙の制作 2/2

練習3と4で標準的な製図作業の流れを学んでいます。
練習3では、すでに作ってあるケープの型紙読み込み、型紙を差し替えてサイズを自分用に変更。
その後形状を自分の好みに変更しました。

練習4では型紙を印刷するところまでを学びます。
最終的には型紙を紙に印刷して貼りあわせて仕上げます。

広告

作業の流れは、
1.説明文の設定をする
2.裁ち合せ図の設定をする
3.型紙配置図の設定をする
4.印刷
5.貼りあわせ
になります。
このページでは4までを説明してゆきます。

説明文の設定

まずは練習3で保存したケープを読み込みます。
印刷→説明文設定 を選んでください。
説明文の設定フレームが現れます。
説明文の設定フレーム

このフレームの設定方法はこちらを読んでください。

裁ち合せ図設定

印刷→裁ち合せ図設定 を選んでください。
ここでは布に型紙を配置してゆきます。
裁ち合せ図設定フレーム

このフレームの設定方法はこちらを読んでください。

型紙配置図設定

印刷→型紙配置図設定 を選んでください。
紙に型紙を配置してゆきます。
型紙配置図設定フレーム

このフレームの設定方法はこちらを読んでください。

印刷

印刷→印刷 を選んでください。
印刷する型紙配置図の番号を選んで「印刷実行」ボタンを押します。
印刷フレーム

印刷のしかたはこちらを読んでください。

広告

プリンターの選択

「印刷実行ボタン」を押すと、下のような印刷設定フレームが現れます。
PrimoPDFをインストールしてあると、プリンターの中にPrimoPDFが入っています。これを選択して「OK」ボタンを押すと、紙ではなく、PDFファイルが生成されます。
PDFファイルは標準でマイドキュメントの中に作られます。
プリンター選択

プリンターはさまざまな種類のものがあるため、洋裁CADでフォローするのはこのPrimoPDFだけといたします。もしお使いのプリンターでうまく出力できない場合は、PrimoPDFを利用ください。
また、プリンターに直接した場合、失敗するとかなりの無駄になります。この意味でもPDF化をお勧めします。
※PrimoPDFはフリーソフトです。ダウンロード先はネットで検索してみてください。

PDFファイルの印刷

PDFファイルの中身を見たり印刷するには、AdobeReaderを使います。AdobeReaderの使い方についてはネットで検索してみてください。
等倍で印刷してください。

貼りあわせ作業を減らすために、A3サイズで印刷すると便利ですが、A3プリンターを持っている人はあまりいません。
そこで、コンビニでの印刷をお勧めします。USBメモリにPDFファイルを入れて持ち込みましょう。
ためしにセブンイレブンで印刷してみましたが、何の問題もなくできました。
セブンイレブンのコピー機 セブンイレブンで印刷

最終更新日: 2015-08-23 14:14:58

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >練習4

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます