洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >練習6


練習6 カバンの製図 2/2

リリース6対応
洋裁CADは変更が容易なCADであることは、ケープの作図のところで学びました。
しかし容易でない変更もあります。要素を追加したり、差し替えたりする場合です。
練習5で製図したカバンの型紙を使って、3種類の変更を行ってみましょう。
なにかの理由で型紙のない方は、 洋裁\カバン\のホルダーに「カバン5.ktd」というファイルがあるので、これをご利用ください。

広告


要素の再定義による変更

ケープの時と同様の変更は変更は簡単にできます。
これは要素の定義値を変えることで実行することができます。
下の図は要素2,3と7,8の定義値を変更したものです。
カバン寸法の定義

この方法はすでに原型やケープの練習でしているので、もうスムーズにできると思います。

要素の差し替えによる変更

カバンの底を丸くする変更をします。
直線要素9を曲線にします。しかし、直線を曲線に変更することはできません。
そこで、直線を新たに作った曲線と入れ替えます。
普通のCADでは単に直線を削除して曲線を書き足せばよいのですが、洋裁CADでは要素間に親子関係がついています。
親が死ぬと子は生まれることが出来ません。
ですので、親を入れ替える操作が必要になります。
下記手順で要素の差し替えを行います。
 1.未定義要素の移動
 2.差し替える要素を抑制
 3.未定義要素を元に戻す
 4.エラー要素の再定義

1.未定義要素の移動

上左の「表示」ボタンを押すと要素の名前等が表示されます。これを見ると、差し替えたい要素名は9であることがわかります。
未定義要素を順序変更して、9の下へ移動させます。これは製図手順の中で、9を描いた直後までさかのぼってきたことを意味します。
タイムマシンで過去にさかのぼったような感じです。
順序変更

2.差し替える要素を抑制

9を抑制します。抑制とは「無かったことにする」です。削除に似ていますが、抑制はあとで復活させることができます。
いきなり削除すると取り返しがつかないので、抑制してから削除するようにします。
抑制

未定義要素を定義して、曲線にします。
曲線

3.未定義要素を元に戻す

再び未定義要素を順序変更して、一番最後に戻します。
タイムマシンで現代に戻ってきたような感じです。
すると...エラー要素が大量に出て大変なことになっています!
エラー

これはタイムマシンに乗って過去にさかのぼり、親を殺して帰ってきたような状況です。
要素にはすべて親がいます。もし親が存在しなくなると、子は生まれることが出来ません。
子がいないと孫、ひ孫...親子関係のある要素すべてが生まれられなくなるのです。

4.エラー要素の再定義

親を差し替えることで、親のいない子を生まれかえすことができます。
「あなたの親は9ではなく、41ですよ」とします。
入れ替え作業は必ず上から行ってゆきます。
下の図では37です。子を生き返らせると、直径の孫たちは自動的に生き返りますから、エラーがたくさん出ていても
実際に再定義する要素はそれほど多くありません。
エラー

今回は37,15,25の3要素を再定義してエラーをなくしました。
最後に要素9を削除して変更終了です。
角R

ここまでの動画

要素の追加による変更

更にデザインを変えてみましょう。
カバンの角を丸めます。
角Rという円弧要素を追加することになります。
この場合も遡って要素を追加し、その後親子関係を調整してゆきます。下記の順番で作業します。
 1.未定義要素の移動
 2.要素の追加
 3.未定義要素を元に戻す
 4.要素の再定義

1.未定義要素の移動

表布を書き終えた位置まで移動します。
移動

2.要素の追加

ここに角R要素を2つ追加して、角を丸めます
角R

3.未定義要素を元に戻す

戻ってくると...あれ、今度はエラーがありません。
しかし、線はなんか変ですね。
親を消していないので、エラーはあまり出ませんが、辻褄が合わなくなってしまっています。
こんな時は上から順に要素の定義を見て、どのように製図しているか確認して、追加した要素を親に加えてゆく必要があります。
描画時に、説明欄にこまめに要素の説明を書いておくと、親子関係を読み解く手助けになります。
角R

4.要素の再定義

今回も上から順に修正してゆきます。エラーがなくても、形のおかしな要素は修正しましょう。
角R

要素37,15,25を再定義して形状を整えました。
特に注意が必要なのは、15です。これは側布の長さを計算しています。
この計算に新たに加えた要素の長さも入れないと、側布の長さが不足してしまいます。
また、この要素を定義するときに、要素0幅と要素1高さを使わずに、表布を構成する線の長さを使いました。
当初はどちらでも同じだったのですが、直線を曲線に変えたり、角Rを追加することで長さが変わってきてしまいます。
これで修正が終わりました。

ここまでの動画

最終更新日: 2016-01-23 16:23:49

洋裁CAD >洋裁CADの使いかた >練習6

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます